デュアルタイム・レゾナンス サファイア : 最高のウォッチメイキング、完璧な透明性

Armin Stromの細やかな手作業で作られる独創的なムーブメントが全方向に露出されたデュアルタイム・レゾナンスを身につけるということは、ムーブメントを手首に乗せているようなものです。

「この新しいサファイア・ケースは、デュアルタイム・レゾナンスに注ぎ込んだ細部にいたるまでの作業や、それにかける情熱を表現する完璧な舞台になります。完全な透明性では、いかなるミスも許されませんし、私たちのフィロソフィに沿った最高級のレベルでの仕上げが求められます。」と、共同創業者であるClaude Greisler(クロード・グライスラー)は語ります。

Armin Strom社は次の2つの主な目的で、共振という現象をリストウォッチに採り入れることに関する研究開発を始めました。まず、共振を採用したコンプリケーションは、計時精度を明らかに向上させるものであるということ。そしてもうひとつは、共振現象が起きているということを視覚的に理解できるということです。

デュアルタイム・レゾナンスは、2つの独立したムーブメントが並列にセットされているのが特徴であり、共振という現象により別々のムーブメントがシンクロしているという事実をさらに強調しています。デュアルタイム・レゾナンス サファイアは、共振現象を極限までわかりやすくハイライトし、クリアなサファイア・クリスタル製のケースは、あらゆるアングルからのムーブメントの姿を明らかにします。

3年間にわたる集中的な研究開発期間の成果である、特許取得済みのレゾナンス・クラッチ・スプリングが、並列にセットされた独立したムーブメントを接続し、2つのタイムゾーンを表示することはもちろん、共振により互いの計時精度を向上させます。

独立したムーブメントにより、デュアルタイム・レゾナンス サファイアはGMT、セカンドタイムゾーン、タイマーまたはカウントダウンとしての機能を有しています。それぞれのムーブメントのパワーリザーブ表示、24時間が備わっています。

CSEM (Centre Suisse d'Electronique et de Microtechnique – スイス電子工学・マイクロ技術研究センター)は、Armin Stromのレゾナンス・クラッチ・システムを正真正銘の共振システムであることを認定しました。Armin Stromのラボでは、共振状態に置かれた2つのCOSC級に調整されたムーブメントにおいて、15~20%の精度の向上が明らかになりました。

スクラッチ防止がなされたArmin Stromのデュアルタイム・レゾナンス サファイアは、8本の限定生産です。