Armin StromのDual Time Resonance、レッド・ドット賞を受賞

このモデルのムーブメント構造はフォルムと機能を完璧に融合させています:Armin Stromの社内デザインチームは二つの別個のムーブメントを水平にDual Time Resonanceの中に組み込みました。キャリバーARF17の”フォルムから機能が生まれる”水平ムーブメント構造です。

横に並んだ二つのムーブメントはオーバル型のケースに収められ、パワフルにそして美しい形で ”フォルムから機能が生まれる”ことを証明しています。

Armin StromのDual Time Resonanceは機械式ウォッチの優れたデザインを体現しているだけではありません。この驚くべきタイムピースは精度の追究を目指す革新的で洗練されたメカニズム(特許保持)を搭載しています。ウォッチムーブメントの中で最もデリケートなオシレーターを二つ接続し、目に見える形で作動させる共鳴クラッチスプリング。二つの別個のムーブメントを同期化させ、共鳴(レゾナンス)の原理を利用してウォッチの精度を向上させます。

Armin Strom の共同創立者であり技術部長のクロード・グライスラーは、”今回の受賞をとても誇りに思っています。優れたブランドとして上位にランクされ受賞できたのは名誉なことです”と語ります。国際的なエキスパートである審査委員たちは、Dual Time Resonanceが革新の力と技術的な洗練を極めた素晴らしいタイムピースであることを評価しました。創立者のセルジュ・ミシェルは、”若い独立系のウォッチマニュファクチュールである私たちの画期的なメカニカルウォッチが評価され受賞したことを嬉しく思います。審査員の方々に感謝するとともに、 すべてのスタッフの努力、ビジョンと情熱に感謝します”と述べています。

レッド・ドット(Red Dot)は世界市場を対象としてトップデザインを評価するアワードです。この意義深い品質ラベルは、魅力的なデザイン、使いやすさと機能によりグローバルな基準を築くプロダクトを商品化したメーカーに贈られます。2019年のアワード審査では40名ほどの専門家と審査員により検討が行われ、受賞者が選ばれました。審査は独立デザイナー、教授、ジャーナリストたちから構成される委員会で数日をかけて評価、選考が行われます。今年は世界55か国から5500以上のプロダクトの応募がありました。授賞者は7月8日、エッセンオペラハウスの授賞式で正式に発表されます。