ミニットリピーター・レゾナンス : Armin Stromの新作 Masterpiece 2 は、世界初のレゾナンス機構とリピーター機構を融合させたコンプリケーション・ウォッチです。

レゾナンスとミニットリピーターという2つのコンプリケーション、2つの垂直に配列された独立したムーブメント、2種類の共振(オシレーターとサウンドの伝播)、一つの香箱内にセットされた独立した2つのメイン・スプリング、Armin Strom(レゾナンス機構担当)とLe Cercle des Horlogers(ル・セルクル・ドルロジェ - リピーター機構担当)というトップ開発チーム。まさにツーインワンで、二倍の楽しさを提供します。

ミニットリピーター・レゾナンスは単なるマスターピースではありません。マスターピース2なのです。

数世紀前に建造された時計塔からのインスピレーションにより誕生したミニットリピーター・レゾナンスは、Armin Strom自社工房設立10周年を記念して、わずか10本のみ製造されます。マスターピース2は、すべてのコンプリケーションの動作をダイアル側に配置することによって、レゾナンス機構とリピーター機構をハイライトしています。

ケース左側のレバーをスライドすると、11時と1時位置にあるハンドポリッシュされた2つのハンマーが、時分表示のサブダイアルを囲むようにセットされた2つの立体的なカーブを描くゴングを叩き、時と分を知らせます。ハンマーは、5時位置と7時位置にある2つの独立した脱進機構によって、視覚的にも技術的にもうまくバランスが取れています。

最適な音の伝達(そして快適さ)のために、ケースにはグレード5のチタニウムが採用され、音の広がりとボリュームを考慮してケースサイズは47.7mmに設定されました。ゴングをケースにダイレクトに取り付けることによって、リピーター音も強化されます。

特別に開発されたセキュリティ・システムは、時刻設定とゼンマイ巻き上げの間の操作をブロックすることによって、不測のアクシデントからリピーター機構を保護し、使いやすさを最大にします。2つのテン輪の間に見ることができるArmin Strom社の特許であるレゾナンス・クラッチ・スプリング(Armin Stromのレゾナンスの理論を理解する秘訣)で、この機構は3年にわたる徹底的な研究開発を経て誕生したものです。

ウォッチとクロックの共振する一対の振動子は精度を向上させるということは以前から知られていましたが、共振することによってエネルギーがセーブされるというのは、あまり知られていません。Armin Stromのラボでのテストでは、15~20%の精度の向上が確認されています。

ほとんど目に見えないサファイア・クリスタル製のダイアルの下にある同期して振動する2つのテン輪と、時刻を知らせる2つのハンマーは、視覚的、聴覚的にも比類のない時計の光景を演出します。

Armin Stromのミニットリピーター・レゾナンスは、自社工房設立10周年を記念して、グレード5チタニウム製ケースのモデルが10本の限定で製造されます。それ以上の数が作られることはありません。